光円錐"ひかりえんすい"ブログ(日々の徒然部門)

照明&空間デザイナー 光円錐・松本永(Fantasista?ish.)のブログです。
(照明技術&デザイン部門)へはこちらをクリックして下 さい。
NICK-PRODUCE#16 詳細更新 フライヤーまもなくです。



2009年5月27日(WED)〜31日(SUN)@KAWAGUCHI ART FACTORY
NICK-PRODUCE#16
『風乃キヲク――モノノフよ、つどえ。
作・演出:村野玲子
出演:柏原直人・尾宇内・佐藤大樹・鶴岡悦子・松本寛子・若狭華子・小林晴樹
チェロ:山岡真弓
ダンス:多田織栄
音楽アドバイザー:中谷路子
舞台監督:山下翼
メイク:中谷めぐみ
宣伝美術:内山弘隆
写真撮影:タイナカジュンペイ
web製作:ボンクララボ
当日運営:坂田厚子
演出助手:岩田浩
照明デザイン・空間アドバイザー:松本永(光円錐)
| NICK-PRODUCE | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0)
NICK-PRODUCE#16 下見
5月に公演のあるNICK-PRODUCEの公演会場の下見に行ってきました。
KAWAGUCHI ART FACTORY
南北線の川口元郷・・・もちろん初めて降り立ちます。
もと工場で普段はさまざまなアートを展示したり、芝居??やパフォーマンスに貸し出しているスペースです。

“枯れている”スペースはそれ自身が時間を記憶しているので、つきあい方次第で様々な表情を見せてくれます。
それが劇場であったとしても、その空間が持つ独特の雰囲気を味方に付ける事はとても大事なことだと思うのですが、今回は本当に“枯れきった”スペース。
そこで、チェロが、ダンスが、台詞が、身体が、どんな空間を作り出すことが出来るか??
!!わくわくします!!
是非、5月ご来場下さい。

| NICK-PRODUCE | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0)
NICK-PRODUCE終了


NICK-PRODUCE@マイルス・カフェ
終わりました。

17日仕込み&GP&本番×1
18日本番×3&ばらし

想像以上にハードでした。
ほぼ完全仮設でスタンド×4本にトンボ、オートポール(大きなスタジオ用の突っ張り棒)×3本。
2kW12chユニット×1、1kw4chユニット×3。
一般の配電盤の空きブレーカーより電源を取りました。
調光卓は場所を取らないようにシーンセッター。
スポットライトはほぼ持ち込み。
DF×8、Par16×19、Par36×14、ソースフォーJr×5、ソースフォー×1。

少ない仕込み時間で、思い描いた明かりがどれだけ実現出来るか?
花道と本舞台を囲むような客席から演技がしっかり見えて、まぶしくないように出来るか?
正直、初日の第1回目の本番は調整不足からシーンによっては眩しくて見にくい席を作ってしまいました。
初日に来て頂いて、本舞台のすぐ脇にお座り下さった皆様本当にすみませんでした。

もう少しスマートに仕込めるようにしないと・・・反省!
| NICK-PRODUCE | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0)
つづき

慣れない携帯からのアップで間違えて途中で送信しちゃいました。

昨日はNICKの会場の下見でした。池袋の"マイルスカフェ"。
前回の下見は、ピアニストの中谷さんと制作の坂田さん、そして構成演出の村野さんと一緒です。
前回は演出上のアクティングエリアの取り方を決めに来ましたが、今回はピアニストの目と耳から、そして制作の目から、問題点を洗い出します。
偶然にもピアノの調律の方が入ってらっしゃいました。
中谷さんが作業終了を待って弾かせてもらっていました。
想像していたより良い響きの空間、中谷さん曰く、"かなりピアノの状態が良い"らしい。
後で調律の方から伺った話によると、なんと"1週間に1回調律をしている"とのこと!ライブの出演者の要請でもないのにです。これは通常有り得ない頻度!
"オーナーのマイルスさんの愛情"ということです。

照明の設置についての了解も得ました。今回はスタジオ用の巨大突っ張り棒を使用します(久々の出番)。使用出来る電源は多分40Aくらいです。

必要なチェックも終え、一つ上の階(B1。今回の会場はB2)でしばしくつろぎました。
中谷さんのピアノを聞きながらソファで贅沢な時間。
で…そうしていたらまた新たな企画が持ち上がりました。
実現出来たら素敵です。ピアノ+α現実味を帯びて来たらまた書きます。

| NICK-PRODUCE | 07:47 | comments(2) | trackbacks(0)
9/11NICK-PRODUCE#15
今日は仕事の後、NICK-PRODUCEの稽古に初めて行きました。
三島由紀夫「近代能楽集」より
『葵上と班女−−−狂女劇二幕』

数限りなく上演されている作品をどう料理するか・・・

NICK・・・は最近、劇場以外(前回は小劇場でしたが)の空間で生演奏(今回はピアノのみ)にダンスと芝居をからめて公演を行っています。

通常の照明デザインだけではなく、空間そのものをどう使うかを考えています。
| NICK-PRODUCE | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0)
pikausa
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「虎の子」Performing Arts Company「残夢 2010」photography + visual art + performance 少女たちは未来へ還る【昼の写真】
    さやです (02/21)
  • これからの仕事・終わった仕事
    ei (07/17)
  • これからの仕事・終わった仕事
    かくもと (07/15)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    ei (03/03)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    悠 (03/02)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    ei (03/02)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    IDEPON (03/01)
  • これからの仕事
    鐘ケ江 (02/22)
  • 遅ればせながら・・・。本年もよろしくお願いします!
    ei (01/12)
  • 遅ればせながら・・・。本年もよろしくお願いします!
    中能 (01/11)
RECENT TRACKBACK
  • モダンダンスソレイユ発表会のオペレート@品川きゅりあん小ホール
    品川 (02/09)
LINKS
私のお気に入りです。