光円錐"ひかりえんすい"ブログ(日々の徒然部門)

照明&空間デザイナー 光円錐・松本永(Fantasista?ish.)のブログです。
(照明技術&デザイン部門)へはこちらをクリックして下 さい。
<< NICK-PRODUCE#16 詳細更新 フライヤーまもなくです。 | main | JMS終了しました。 >>
照明デザイン日々の訓練??
舞台照明・・・???
だった私が本を探す以外にまずやったことは、なぜか“調光卓の作成”でした。
理工系の大学だったので、先輩は手作りの調光卓を作って芝居をやっていました。で、その調光卓を調べて、図書館で回路図を調べて、秋葉原に行って、トライアックを使用した最大2kW×6chの調光器!作りました。先輩の3chを2台と併せて確か12ch分有ったと思います。
今なら、“秋月電子通商”の“トライアック万能調光器キット(20Aタイプ)”なんて便利なキットが売られているのですが、25年前の当時は確かまだ売られていなかったので、全部自分で調達しました。回路図はその当時調べたのとこのキットは同じ!基本は変わらずです。

思えば、この時調べた事がそのまま今に生きています。もっと良い回路や半導体が開発されたのですが、未だに調光の原理はほとんど同じですから。

古い壊れかけたスポットライトや、ビニール・キャプタイヤ・こたつコード、入り交じったケーブル類、色の抜けたフィルター。部室にある全てを寄せ集めてやった照明でした。

一番良かったのは、稽古をやった教室に毎日照明を持ち込んで仕込んだことだったかもしれません。少ない灯体でどれだけ感じを出すか?勉強になった気がします。

前回の記事で探し出した本ももちろん勉強になりました。でも、実際の作業については、毎日の稽古の中での試行錯誤が一番力になったのです。
“本”は頭の中に“照明をやる”という気持ちを作るのに役に立った気はします。自分で本屋や図書館を回って調べるということも、“気持ち”作りや“イメージトレーニング”になりました。

その公演の劇場は自由が丘にあった(今は無いです)“サンコート”という元喫茶店のフリースペース。吹き抜けと2階が有り結構タッパが高かったです。題名は『孔子列伝』先輩のオリジナルでした。
大学からリヤカーで搬入した覚えがあります。

どんな明かりを出したか・・・。
プランの時は複雑なことを色々考えていたのですが、結局はシンプルにスポット1灯だけの明かりが綺麗だったのが印象に残っています。

今、過去の資料を整理し出しています。最初の仕込図とかが見つかればと思ったのですが、まだ出てきません。もしも出てきたらご紹介したいと思います。
| 照明デザイン日々の訓練?? | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ei.coneoflight.com/trackback/1373822
トラックバック
pikausa
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「虎の子」Performing Arts Company「残夢 2010」photography + visual art + performance 少女たちは未来へ還る【昼の写真】
    さやです (02/21)
  • これからの仕事・終わった仕事
    ei (07/17)
  • これからの仕事・終わった仕事
    かくもと (07/15)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    ei (03/03)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    悠 (03/02)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    ei (03/02)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    IDEPON (03/01)
  • これからの仕事
    鐘ケ江 (02/22)
  • 遅ればせながら・・・。本年もよろしくお願いします!
    ei (01/12)
  • 遅ればせながら・・・。本年もよろしくお願いします!
    中能 (01/11)
RECENT TRACKBACK
  • モダンダンスソレイユ発表会のオペレート@品川きゅりあん小ホール
    品川 (02/09)
LINKS
私のお気に入りです。