光円錐"ひかりえんすい"ブログ(日々の徒然部門)

照明&空間デザイナー 光円錐・松本永(Fantasista?ish.)のブログです。
(照明技術&デザイン部門)へはこちらをクリックして下 さい。
<< アートスペースのお仕事 "見る人の視線を想像する" | main | 博品館劇場 タップダンスフェスティバル 2009 終了しました。 >>
耳をすませてオペレート・・現実逃避のたわごとです・・博品館TAPダンスフェスティバル、プランニング中

東京地方、梅雨が明けたそうですね。
昨日より若干湿度が低くて過ごしやすい・・・。
我が家はちょっと田舎(東京ですけど)にあるので(裏山があります)、都区内よりも数度気温が低いのです。
クーラーがあまり好きではないので、汗をかきながら仕事してます。

私は、自分のデザイン仕事はほぼ9割"演劇"なのですが、なぜかオペレーターの仕事はほとんどダンスなのです。クラシック、モダン、TAP、フラメンコ、etc。小劇場以外の照明さんの知り合いもダンス系の方が多いかもしれません。

ダンスのオペレーターの場合、調光室でリズム取りながら、場合によっては半分踊りながらオペレートしてます。・・・あ、芝居でも音楽流れていると同じかもしれません。

ダンスのオペレートの場合、通常"言葉"には頼らないので、ダンサーと同じ"リズム"や"呼吸"を感じるように心がけています。
だから、"踊りながら"というのは結構良いことかもしれません。
全感覚器官を舞台上のダンサーとシンクロさせられればベストですよね。

芝居の場合、良くも悪くも"言葉"が頼りになります。で、台本を見ながらオペレートするわけですが・・・
これって、「まだ台詞を覚えていない役者が、もう覚えている役者と一緒に舞台に立つのと同じ???」なのではないでしょうか?(実は今思いつきました)

昔、趣味で照明デザインをやっていたときは、デザインする芝居の数も少ないので、ほとんど台本を暗記していた気がします。
今の私はさすがにそうは行きませんが、なるべく舞台上とシンクロ出来るようにしたいですね。たくさん台本を読まねば!!



話は変わりますが、オペ中にミスをする時(緊張して固くなる時)って皆さん自分がどんな状況か覚えてますか?
私の場合、"目"で見ることや"頭"で考える事に一生懸命になってしまって、"耳"がおろそかになっているんです。
そんな状況に気がついたら、とにかく"耳をすます”ことにしています。不思議と肩の力が抜けて、クロスフェーダーさばきもなめらかになります。

特に若い照明さんお試し下さい!

・・・・・・さて、現実逃避終了します。
| 照明デザイン | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ei.coneoflight.com/trackback/1442600
トラックバック
pikausa
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「虎の子」Performing Arts Company「残夢 2010」photography + visual art + performance 少女たちは未来へ還る【昼の写真】
    さやです (02/21)
  • これからの仕事・終わった仕事
    ei (07/17)
  • これからの仕事・終わった仕事
    かくもと (07/15)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    ei (03/03)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    悠 (03/02)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    ei (03/02)
  • Fantasista?ish.へ参加します。
    IDEPON (03/01)
  • これからの仕事
    鐘ケ江 (02/22)
  • 遅ればせながら・・・。本年もよろしくお願いします!
    ei (01/12)
  • 遅ればせながら・・・。本年もよろしくお願いします!
    中能 (01/11)
RECENT TRACKBACK
  • モダンダンスソレイユ発表会のオペレート@品川きゅりあん小ホール
    品川 (02/09)
LINKS
私のお気に入りです。